现在位置: 首页 > 未分類 > 文章
抗がん漢方天仙液世界総販売製造元・中日飛達聯合有限公司の医療顧問孫苓献先生(漢方医)の話によると、西洋医学のがん治療に対する現状を考えるにつけ、私も以前からホリスティック医学に強い関心を寄せている一人です。私は、がん治療は決して一つの方法だけではないはずだし、がん治療にはさまざまな方法があることを、多くの人に知ってもらうためにホリスティック医学を紹介してきました。 私がここで言いたいことは、西洋...
阅读全文

2013年11月9日(土)14:00~16:00、NPO法人国際健康研究会主催、国際癌病康復協会協賛の交流会が主催側の六本木事務所で開催されました。 今回の交流会は、国分寺鈴木医院鈴木徹也院長、管理栄養士田中路子さんを迎え、「ガン治療期間中の栄養による体力づくり」をテーマとして、スピーチされました。当日は、天気にも恵まれ、35名ほどのガン患者さんとそのご家族が出席され、先生方のお話を熱心に聞き入れました。   ...
阅读全文
抗がん漢方薬天仙液を、がん治療のため試してみたいだけど、生薬は中国で採集されたものなので、ちょっと心配という声を相談室に寄せられ、天仙液の世界製造販売元中日飛達聯合有限公司へ確認しました所、かきの通り返答が参りました。これから天仙液をご利用なさりたい方のご参考になれば幸いです。   抗がん漢方薬「天仙液」は、“薬草の宝庫”として良質な薬草が天然自生することで有名な、長白山脈(中国の東北部にある...
阅读全文
9月21日(土)14時~17時、医療法人社団博心厚生会九段クリニック理事長・阿部博幸先生からご招待を受け、ホテルオークラ東京本館で開催される創立25周年記念祝賀会へ出席させて頂きました。   阿部先生とは15年ほど前から、仕事柄で日本国内外の先生の講演のお手伝いや、海外講演の通訳、奥様の海外見学などで公私ともに親しくお付き合いさせて頂いております。   祝賀会は100人あまりが参加し、開...
阅读全文
がん治療の複雑化によって、治療が難しいと言われているなか、より効果を求めるがん治療が多く研究されています。そうしたなか、2013年10月1日(火)日本経済新聞で掲載された「がんの親玉 たたく新薬 慶大が確認 再発・転移防ぐ」と題した癌病の再発・転移防ぐにかかわるがん幹細胞について、手術や抗がん剤で除けなかったがんの親玉であるがん幹細胞の増殖を防ぐ薬の開発に成功し、数年内に実用化を目指すとの報道がありま...
阅读全文
この度、「天仙液」誕生記念と世界製造販売元の特別サービスとして、「天仙液」か「天仙液S」どちらかを2ヵ月分(2セット)ご購入されますと、 期間・数量限定で同一製品を、さらに1ヵ月分(1セット)無料提供される特別サービスが実施しています。 実施内容 特別サービス期間中に「天仙液」か「天仙液S」をどちらか2ヵ月分(2セット)ご購入されますと同一製品を1ヵ月分(1セット)無料提供致します。 実施期間・数量 期間:20...
阅读全文
天仙液」は、“薬草の宝庫”として良質な薬草が天然自生することで有名な、長白山脈(中国の東北部にある山脈)で採取された「生薬」を中心に使用しています。 その配合生薬は、香港で製品化され、世界的に権威のある厳格な検査機関の香港SGS(スイスに本部を置く世界最大級の検査及び審査登録機関Societe Generale de Surveillance)によって、毒性検査などの品質チェックがなされており、国際的に最高レベルの品質管理...
阅读全文
Q.私の姉が昨年11月に進行性ガンを患いました。以前、大腸ガン、胃ガンを経験しており、抗がん剤を投与したところ、身体に合わず、白血球が4分の1に減りました。医師からは今度再発したら、余命は一年と告知されました。現在、天仙液を飲み始めておりますが、担当医からは抗ガン剤との併用は止められています。このまま天仙液を服用続けるべきでそうか? A:現在の医療で、この薬で絶対にガンは治るというのは残念ながらありませ...
阅读全文
2013年03月26日 天仙液製品について, 患者からの声, 未分類 ⁄ 合計 562字 暂无评论 ⁄ 阅读 297 ビュー 次
本日私共の相談室にある患者さんから、父親の癌病について今の心中を語ってくれました。 彼女の話は、「父親が胃癌と分かり、胃に11センチ、転移した肝臓に3センチほどの腫瘍が2ヵ所見つかり、手術できないという厳しい状況です。 統合医療を実践しているがん患者さんから、「抗がん漢方薬天仙液(てんせんえき)と抗がん剤の併用で元気になられたことを知り、これに賭けてみようかと思いました。今後もいろいろと相談に乗って...
阅读全文
大屋:このたび「がんに克つ抗がん漢方~漢方の常識を覆したがん治療(発行:クリピュア)」書籍の刊行、おめでとうございます。まずは、この書籍を発行するきっかけについて教えて頂けますでしょうか。 樋口:理系出身の私は以前、医学部受験生などに生物学を教える講師をしていました。ある日、同じ職場の後輩が、23歳という若さでがんに苦しんでいたことを知り、「こんな若くても、がんにかかってしまうのか・・・」と呆然と...
阅读全文
×