现在位置: 首页 > 未分類 > 文章
抗がん漢方薬天仙液の台湾代理店「台湾天仙液有限公司」が、2012年5月5日〜6日に台湾・台北国防医学院で開催された「第17回 台湾癌病医療連合会学術学会(中文:第17届 台灣癌症聯合学術年會 「17th Taiwan Joint Cancer Conference」)に出展しました。   この学会、台湾の標準治療による癌治療の現状を紹介するほか、統合医療による癌治療の実践の推進を目的に、毎年開かれる学会です。今年は「台湾放射腫瘍医学会」が...
阅读全文

ルーマニアでの講演会   抗がん漢方薬天仙液は、東欧のルーマニアでも多くの方が利用されているとお伺いしました。本日、天仙液の世界総販売元よりルーマニアでの講演会の状況を写真データで送られてきました。   天仙液は日本、台湾、アジアで愛飲されているだけではなく、ヨーロッパでも注目されている抗がん漢方薬であることが分かりました。これから天仙液をご参考なさりたい方々のご参考のため、了承を得て、写...
阅读全文
 この度、「天仙液」誕生20周年と世界製造販売元の創業20周年記念の謝恩として、「天仙液」か「天仙液強効型」どちらかを1ヵ月分(1セット相当)ご購入されますと、 期間・数量限定で同一製品を、さらに1ヵ月分無料提供される特別謝恩サービスが実施されます。  キャンペーンの実施は、天仙液の生みの親王振国先生の(北京振国中西医結合腫瘍病院院長)により、「漢方薬の特性として1ヵ月、2ヵ月、3ヵ月と継続することと...
阅读全文
  昨年11月、抗がん漢方薬天仙液の大腸がん細胞抑制及びマウスの蛋白P21、MMP-1及びMDR−1に関する研究結果がアメリカ医学雑誌「Integrative Cancer Therapies(がん統合医療誌)」に掲載されました。その内容は、下記の通りお知らせいたします。皆様の天仙液へのご理解、またはご利用の際のご参考になれれば、幸いです。 研究テーマ  天仙液の大腸がん細胞抑制及びマウスの蛋白p21、MMP-1及びMDR−1に関する研究  "Tien-Hsie...
阅读全文
抗がん漢方薬天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司から、昨年9月1日から天仙液の瓶(アンプル)のラベルが変更となりましたとの知らせがありました。 私共の相談室にその情報を把握していない利用者から、幾つかラベルに関するご質問がありましたので、下記の通り再度お知らせいたします。 URL: http://www.tensen-eki.com/syokai/label.html
阅读全文
国際癌病康復協会日本支部が行った、天仙液の使用後の体調を伺うアンケートにお寄せ頂いた回答のうち、「良くなった」(38%)「とても良くなった」(19%)を合わせると全体の57%に達します。約6割の方が天仙液の効果を感じているという結果になりました。 一方、「少し悪化した」「悪化した」は合わせても4%と極めて少数です。「変わらない」「わからない・未回答」の中には使用後間もなかったり、使用経験のない方が含まれ...
阅读全文
世界的な抗ガン漢方薬として知られる「天仙液」が、世界に供給を開始して20年となりました。その20周年記念と新春謝恩サービスとして、「天仙液」か「天仙液強効型」を一度に3セットご購入のお客様に、同一製品を1セット無料提供致します。   3セット分の製品代金と1セット分の個人輸入代行手数料で、4セット分がお手元に届きます。※ 1セットとは1ヵ月分の最大使用量に相当します。   なお、今回の謝恩サービスは、...
阅读全文
先般、複合漢方薬天仙液の生みの親・王振国医師(漢方医)来日の際、中医学(漢方医学)と西洋医学を合わせた統合医療によるがん治療について、お話を伺って参りました。その内容を下記の通りご紹介いたします。   私はがんに打ち克つための「四つの方法」を掲げています。一つ目は、心理療法を重視するやり方です。心の問題が克服されなければどんなにいい薬でも治すことができないでしょう。私がこれまでに診察したがん...
阅读全文
先般、東京国際フォーラムで開かれた講演会で、多くの方々がご出席くださいました。会合最後の質疑応答のコーナーで、皆様から天仙液、天仙系列製品に関する質問が沢山でていました。 そこで、ご出席できなかった方達のご参考のため、その一部を紹介いたします。皆さまのご健康にお役に立てれば幸いです。   Q1.天仙液には種類があるが、どれが一番効くのか? A: 利用者の病状や体質等があるので、一概には言えないが、...
阅读全文
漢方薬は配合、処方によって効果の差が生じます。漢方の名医というのは、各々の症状、病気に対する診断の名人と言えます。生薬の微妙な配合や処方で効果が劇的に高まることがあります。そこで、抗がん漢方薬天仙液の生薬の配合理論について、天仙液の生みの親・王振国先生にお伺いしました。 王振国先生の話によると、漢方医学の治療と診察の基本原理である「弁証論治」に基づいて配合を決めますが、それだけでは不足していると...
阅读全文
×