抗がん漢方天仙液世界総販売製造元・中日飛達聯合有限公司の医療顧問孫苓献先生(漢方医)の話によると、西洋医学のがん治療に対する現状を考えるにつけ、私も以前からホリスティック医学に強い関心を寄せている一人です。私は、がん治療は決して一つの方法だけではないはずだし、がん治療にはさまざまな方法があることを、多くの人に知ってもらうためにホリスティック医学を紹介してきました。 私がここで言いたいことは、西洋...
阅读全文

Q.私の姉が昨年11月に進行性ガンを患いました。以前、大腸ガン、胃ガンを経験しており、抗がん剤を投与したところ、身体に合わず、白血球が4分の1に減りました。医師からは今度再発したら、余命は一年と告知されました。現在、天仙液を飲み始めておりますが、担当医からは抗ガン剤との併用は止められています。このまま天仙液を服用続けるべきでそうか? A:現在の医療で、この薬で絶対にガンは治るというのは残念ながらありませ...
阅读全文
  酷暑の候、皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。私は、久しぶりに浴衣など着て夏祭りを楽しんできました。   さて、先週私共の相談室に抗がん漢方薬天仙液の系列製品である『天仙膏』についてのお問い合わせが多かったため、この場をお借りして、その利用方法及び注意事項をご紹介致します。これから天仙液や、天仙膏の利用をご検討中の皆様のご参考になれれば、幸いです。 天仙膏は、天仙液の世界総販売元...
阅读全文
連日の猛暑に庭の草木も心なしかぐったりしています。皆さんいかがお過ごしでしょうか。 この時期になると夏祭りもあちこちで行われるようになりましたが、熱中症に気をつけましょうね。 さて、最近相談室によく天仙液、天仙系列製品の服用方法や、服用の際の注意事項等に関するお問い合わせが多く、皆様の今後のご参考のため、天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司に確認しました結果を下記の通りお知らせいたします。...
阅读全文
抗がん漢方薬天仙液をご存じの方は多いかと思います。その天仙液のほか、癌病別に併用できる天仙系列製品天仙丸(てんせんがん)、天仙栓(てんせんせん)、天仙骨安寧(てんせんこつあんねい)がございます。 今回、私共の相談室によく質問される天仙骨安寧について、ご紹介したいと思います。 天仙骨安寧は、肝臓、腎臓への精気(身体の生命のエネルギー)、栄養の源である血を補助する生薬が配合され、清熱解毒(解熱・解毒...
阅读全文
最近、私共の相談室に抗がん漢方薬天仙液と、天仙液強効型の違い及びその服用方法に関するご質問が多く寄せられているため、天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司に確認しました結果、これから天仙液をご利用なさりたい方へのご参考のために、下記の通りご紹介いたします。   天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司の医療顧問孫苓献先生(漢方医・北京振国腫瘍医院副院長)の話によりますと、抗がん漢方薬天...
阅读全文
天仙液強効型は、天仙液を基本に、さらに抗がん効果を高めた天仙系列製品です。より短期間でがん細胞の拡大を抑制し、より直接的にがん細胞を殺傷できることがアメリカBRI研究所、台湾FRC研究所、日本新薬開発研究所などの専門機関で実証されています。主として漢方を用いて生成された薬剤で、「扶正」と「去邪」の両面から総合的な調整と弁論治療を行います。がん細胞のみを殺傷しながら正常細胞の抗がん作用を高めるのが特徴...
阅读全文
抗がん漢方薬天仙液の世界総販売元・世界総販売元・中日飛達聯合有限公司(本社・香港)の話によると、「当社は20年前から西洋医療、中国漢方療法、双方のメリットを取入れたがん治療を推進している」との事です。その努力で現在天仙液は世界20ヵ国、延べ60万人が愛飲されているそうです。   世界各国の代理店もそれぞれの国の状況において、日々漢方によるがん治療の最新情報や、がん患者さんとそのご家族の集いである“友...
阅读全文
最近、私共の相談室に多くの方から、抗がん漢方薬天仙液、天仙系列製品のご利用に関するご質問が多く寄せられております。その質問内容の多くは、天仙液の選択方法や、利用方法に関する事です。そこで、がん患者さんのご健康にお役に立ちたいお気持ちで、抗がん漢方薬天仙液の生みの親・王振国先生(漢方医)に確認しました天仙液、天仙系列製品に関する選択、利用方法をご紹介したいと思います。皆様の抗がん、またはがん予防...
阅读全文
 この度、「天仙液」誕生20周年と世界製造販売元の創業20周年記念の謝恩として、「天仙液」か「天仙液強効型」どちらかを1ヵ月分(1セット相当)ご購入されますと、 期間・数量限定で同一製品を、さらに1ヵ月分無料提供される特別謝恩サービスが実施されます。  キャンペーンの実施は、天仙液の生みの親王振国先生の(北京振国中西医結合腫瘍病院院長)により、「漢方薬の特性として1ヵ月、2ヵ月、3ヵ月と継続することと...
阅读全文
×