现在位置: 首页 > 天仙液の成分と作用 > 文章
がん治療の複雑化によって、治療が難しいと言われているなか、より効果を求めるがん治療が多く研究されています。そうしたなか、2013年10月1日(火)日本経済新聞で掲載された「がんの親玉 たたく新薬 慶大が確認 再発・転移防ぐ」と題した癌病の再発・転移防ぐにかかわるがん幹細胞について、手術や抗がん剤で除けなかったがんの親玉であるがん幹細胞の増殖を防ぐ薬の開発に成功し、数年内に実用化を目指すとの報道がありま...
阅读全文

抗がん漢方薬天仙液の生みの親王振国先生の話によりますと、天仙液の最大の特徴とは、天然生薬が配合されていて、自己治癒力、自然治癒力を最大限に活かすことで、同時にがん細胞を抑制し、拡散速度を遅らせ、痛みを止め、免疫機能を高めることです。 そこで、ご参考のために天仙液の作用と効果をまとめて、下記の通りお知らせいたします。  1.    がん細胞障害作用 天仙液の持つ成分が、がん細胞の成長していく段階で、細胞に...
阅读全文
最近、私共の相談室に抗がん漢方薬天仙液と、天仙液強効型の違い及びその服用方法に関するご質問が多く寄せられているため、天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司に確認しました結果、これから天仙液をご利用なさりたい方へのご参考のために、下記の通りご紹介いたします。   天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司の医療顧問孫苓献先生(漢方医・北京振国腫瘍医院副院長)の話によりますと、抗がん漢方薬天...
阅读全文
漢方薬は配合、処方によって効果の差が生じます。漢方の名医というのは、各々の症状、病気に対する診断の名人と言えます。生薬の微妙な配合や処方で効果が劇的に高まることがあります。そこで、抗がん漢方薬天仙液の生薬の配合理論について、天仙液の生みの親・王振国先生にお伺いしました。 王振国先生の話によると、漢方医学の治療と診察の基本原理である「弁証論治」に基づいて配合を決めますが、それだけでは不足していると...
阅读全文
抗がん漢方薬天仙液の主成分となっている生薬の多くは、私の生まれ故郷であり、幼いころから薬草採取で親しんだ長白山の薬草からつくられた生薬ですと、天仙液の生みの親王振国先生が話しています。   なぜ、長白山に自生する薬草が良質で、中国では古くから“薬草の宝庫”として有名であり、“漢方の故郷”とも言われるかを、王振国先生の話によりますと、長白山脈は、中国の東北部、吉林省と北朝鮮との国境に聳えており、そ...
阅读全文
 天仙液のさまざまな作用のうち、もっとも注目されているものの一つに「細胞時計を止める」作用があります。細胞時計とは耳慣れない言葉と思いますが、細胞分裂をコントロールするメカニズムのことだと考えてください。生命のメカニズムは非常に精巧で、細胞核にあるDNA中のたんぱく質が相互に作用し合うことで、細胞の活動を進めたり遅らせたりするタイマーのような働きをしているのです。  この細胞時計は、正常細胞で...
阅读全文
2011年03月06日 天仙液の成分と作用, 未分類 ⁄ 合計 2447字 暂无评论 ⁄ 阅读 232 ビュー 次
「薬草の宝庫」長白山の薬草で配合 天仙液(てんせんえき)に配合、処方されている漢方生薬の薬草の多くは、”薬草の宝庫”として有名な長白山に自生している薬草からつくられた生薬(薬草を乾燥あるいは加工したもの)です。では、なぜ長白山の薬草が貴重で良質なのでしょうか―。 長白山は中国の東北部(旧満州)の吉林省と北朝鮮との国境に位置しています。 この一帯には広大な森林と手つかずの自然が残り、この大自然の恩恵を...
阅读全文
2011年03月04日 天仙液の成分と作用, 未分類 ⁄ 合計 2288字 暂无评论 ⁄ 阅读 189 ビュー 次
天仙液の世界製造元、中日飛達聯合有限公司に聞く 天仙液の品質管理についてのQ&A・・・Part 1 Q: 抗がん漢方薬天仙液は長年の研究開発、更に近年、各国の医学博士や大学の研究所によって病理・薬理試験を積み重ねられてきたと聞いております。更に、実際にいま、世界20カ国以上で60万人、日本でも多くの患者が服用しているということですが、その実態と経過と評価について聞かせてください。 A: 中日飛達聯合有限公司は...
阅读全文
2011年03月01日 天仙液の成分と作用, 未分類 ⁄ 合計 1343字 暂无评论 ⁄ 阅读 267 ビュー 次
「天仙液」とは、現在では世界20ヵ国、延べ60万人以上のガン患者の方々が使用する「抗ガン漢方薬」です。 天仙液は、中国政府より初めて抗ガン漢方薬として認定された天仙丸(錠剤)を開発した王振国医師(現・長白山薬物研究所所長・中国国家衛生部医学研究員・ 振国腫瘍病院院長)と、香港の製薬会社・中日飛達聯合有限公司の薬品開発チームの共同研究により開発されました。 ▲天仙液の開発者、王振国医師 錠剤を液状化したこ...
阅读全文
2011年02月05日 天仙液の成分と作用, 未分類 ⁄ 合計 843字 暂无评论 ⁄ 阅读 211 ビュー 次
お正月休みを終え、厳しい寒さと闘いながら通勤している方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 この連日の寒さで、なんとなく身体がカチカチでいまいち本調子が戻らないと感じていた方に、抗がん漢方薬天仙液と食物の関係、つまり天仙液、天仙系列製品を利用する際に、避けたほうがよい、あるいは相性のよい食べ物について、お知らせしておきたいと思います。 ご存じの方も多いかと思いますが、「医食同源」という言葉を...
阅读全文
×