现在位置: 首页 > 臨床試験 > 文章
日本中いま、ノーベル賞受賞した山中教授よりも注目されているのが、自称ハーバード大学客員講師の森口尚史氏ではないでしょうか。 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った臨床応用について、森口氏は虚偽の発表をした後専門家や多くの媒体の追究で、虚偽だった事を認めたが、現在もiPS細胞を使った移植手術を世界で初めて成功させたことを主張し続けています。  そんな人工多能性幹細胞(iPS細胞)に関する報道で賑わっている真っ...
阅读全文

 抗がん漢方薬天仙液の世界総販売・中日飛達聯合有限公司からのお知らせにより、台湾国立台湾大学付属医院で行った天仙液の乳がんに関する臨床試験結果が、イギリスの補完代替医療薬物医学誌で発表され、多くの国の医療機関や、専門家から反響があったそうです。   がん病で悩まされている方々のご参考のため、その掲載内容を下記の通りご紹介致します。皆様のがん病治療の情報収集にお役に立てれば幸いです。 掲載誌:補完代...
阅读全文
  昨年11月、抗がん漢方薬天仙液の大腸がん細胞抑制及びマウスの蛋白P21、MMP-1及びMDR−1に関する研究結果がアメリカ医学雑誌「Integrative Cancer Therapies(がん統合医療誌)」に掲載されました。その内容は、下記の通りお知らせいたします。皆様の天仙液へのご理解、またはご利用の際のご参考になれれば、幸いです。 研究テーマ  天仙液の大腸がん細胞抑制及びマウスの蛋白p21、MMP-1及びMDR−1に関する研究  "Tien-Hsie...
阅读全文
2009年11月2010年9月の期間、国立台湾大学付属医院において、入院中の末期乳がん患者の人を対象として、「天仙液」による臨床試験が行われました。同医院では漢方薬による臨床試験は初めての試みということです。 そして2011年九月、日本において開かれた講演会『がん統合医療の実際と新たなる展開』(国際癌病康復協会協賛)で、同医院の主任医師で同医学院臨床准教授の郭文宏医師により、その臨床試験の一部が発表されました...
阅读全文
 抗がん漢方薬「天仙液」の生みの親王振国医師や共同開発者の話を聞くと、「天仙液は、漢方医学を基礎として、最新医学・科学技術によって研究開発された複合抗がん漢方薬」ということになりますが、東京や台北で開かれたセミナーやカンファレンスに参加して、西洋医学レベル並みの成分の解析が行われ、慎重に薬理・臨床検証が進んでいることには、いささか驚かされております。  また、王振国医師は漢方の相乗効果を上げる...
阅读全文
2011年03月01日 天仙液関連ニュース, 未分類, 臨床試験 ⁄ 合計 813字 オックスフォード・ジャーナルほかに論文が掲載されました はコメントを受け付けていません。 ⁄ 阅读 103 ビュー 次
先日、抗がん漢方薬天仙液(Tien Hsien Liquid)の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司(本部・香港)から、世界的に有名なイングランド・ジャーナル(England journals)医学掲載誌に、天仙液に関する二つの研究論文が掲載されたとの知らせを頂きました。 この情報をいち早く、天仙液ご利用中の方または、検討中の方に抗がん漢方天仙液は常にエビデンスを追及する、より安心、より品質の信頼のおける抗がん漢方である事をお知...
阅读全文
2011年02月24日 未分類, 臨床試験 ⁄ 合計 1679字 天仙液による末期がんの治療効果(中国) はコメントを受け付けていません。 ⁄ 阅读 86 ビュー 次
がん治療及びがん予防を目的とした抗がん漢方薬天仙液及び天仙系列製品による研究成果は、中期、末期がんに対する治療効果では世界でも先駆的地位にあります。 天仙液は、北京、吉林、天津ほか、30以上の医療機関で末期の「食道がん、胃がん、腸がん」の三つの696例に「天仙液」投与試験を行った結果、がんの安定期間が中国の暫定的な治療評価基準において有効とされる症例が620あり、高い有効率を示した。なかでも「食道がん」...
阅读全文
2011年02月14日 未分類, 臨床試験 ⁄ 合計 2881字 抗がん漢方薬天仙液における肝臓癌、乳腺癌の臨床試験 はコメントを受け付けていません。 ⁄ 阅读 170 ビュー 次
抗がん漢方薬天仙液は漢方の精神「扶正去邪」(正を助けて邪を取り除く)に基づいて生成された抗がん漢方薬である。研究開発されて以来多くの医療機関で臨床試験が行なわれた。乳腺癌、肝臓癌についても約30ヶ所の医療機関で、手術や放射線、化学治療が受けられない患者或は再発した末期癌患者に対し、天仙液服用における臨床試験が行なわれた。 Ⅲ、Ⅳ期乳腺癌103例及びⅢ、Ⅳ期肝臓癌119例を対象に臨床治療効果を観察した。 その...
阅读全文
2011年02月01日 未分類, 臨床試験 ⁄ 合計 1377字 暂无评论 ⁄ 阅读 197 ビュー 次
試験機関 株式会社 新薬開発研究所 中央研究所 試験表題 天仙液の抗腫瘍効果に関する試験1天仙液の抗腫瘍効果に関する試験2 試験方法 マウス(各8匹)に腫瘍を移植後、14日間、下記の方法で経口投与し、投与終了翌日、腫瘍を摘出し、その重量を測定。 ・対照群:水(注射用水) ・投与群:天仙液 ・投与群:天仙液(強効型) 試 験 結 果 概 要 対照群である水(注射用水)を与えていたマウスと比較(各8匹の平均値)して、投与群の天...
阅读全文
今年、2010年六月に、抗がん漢方薬天仙液の生みの親・王振国先生が、ヨーロッパのフランス、ポーランドの病院からの招きを受け、病院の視察と医師との意見交換を行うと同時にこれまで研究開発をしてきた抗がん漢方薬「天仙液」について講演を行いました。 ヨーロッパの視察の旅は、王振国先生のほか、北京振国中西医結合腫瘍病院の孫苓獻副院長と天仙液を共同で研究開発をした製薬会社で、天仙液の世界総販売元でもある中日飛達...
阅读全文
×