现在位置: 首页 > 臨床試験 > 文章
先般、2010年のノーベル化学賞を、米デラウェア大のリチャード・ヘック名誉教授(79)、米パデュー大の根岸英一・特別教授(75)、北海道大の鈴木章・名誉教授(80)の3人に贈るとの発表があった日は、日本中が活気に溢れ、新聞や雑誌も「ノーベル化学賞」「パデュー大学」を大きく取り上げ、大変話題となりました。 調べによると、パデュー大学は、「エドワード・M・パーセル」、「ベン・モッテルソン」の二人ノー...
阅读全文

2010年11月11日 未分類, 臨床試験 ⁄ 合計 3699字 天仙液に免疫調整作用&がん細胞殺傷作用(台湾大学付属医院助教授・孫安迪博士) はコメントを受け付けていません。 ⁄ 阅读 124 ビュー 次
天仙液に関する「免疫調整作用&がん細胞殺傷作用がある」という研究試験は、台湾大学付属医院助教授・孫安迪博士の「複合漢方薬による免疫作用・抗がん作用について」という論文発表からそれらの作用が実証されていることが分かります。まず、その孫安迪医師は、免疫学博士。台湾大学医学院助教授、同大学付属病院口腔内科医長などを務め、天津医学大学、上海中医学大学客員教授なども兼任するという、世界有数の免疫学の権威...
阅读全文
2009年09月08日 未分類, 臨床試験 ⁄ 合計 1227字 暂无评论 ⁄ 阅读 147 ビュー 次
抗がん漢方薬天仙液は、誕生してから20年経ちました。現在では世界20ヵ国、延べ60万人以上のガン患者の方々が使用する「抗ガン漢方製剤」です。 天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司はこれまで、中国国内の医療機関や大学 病院でさまざまな実験や臨床試験を行ってきました。また近年、国立台湾大学医学院教授・ 免疫学博士の孫安迪(ソン・アンディ)率いる研究チームの協力により、天仙液の集大成とも言うべき臨床試験...
阅读全文
1970年01月01日 未分類, 臨床試験 ⁄ 合計 353字 天仙液の抗腫瘍作用に関するマウス試験 はコメントを受け付けていません。 ⁄ 阅读 264 ビュー 次
抗腫瘍作用に関するマウス試験9週齢のマウスに腫瘍株細胞(乳腺がん Adeno-carcinoma 755)を移植し、移植翌日より、天仙液強効型を1日1回14日間反復で経口投与しました。最終投与日翌日、腫瘍を摘出し、その重量を測定しました。 試験の結果、0.1及び0.2cc/day/匹/天仙液強効型投与群と天仙液強効型未投与群(注射用水投与)とを比較して統計学的に有意な抑制が認められました。0.2cc/day/匹では平均抑制率84.0%を示し、天...
阅读全文
×