抗がん漢方薬天仙液の系列製品天仙膏のご利用について

 

酷暑の候、皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。私は、久しぶりに浴衣など着て夏祭りを楽しんできました。

 

さて、先週私共の相談室に抗がん漢方薬天仙液の系列製品である『天仙膏』についてのお問い合わせが多かったため、この場をお借りして、その利用方法及び注意事項をご紹介致します。これから天仙液や、天仙膏の利用をご検討中の皆様のご参考になれれば、幸いです。

天仙膏は、天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司の医療顧問孫苓献(漢方医・北京振国腫瘍医院副院長)の話によりますと、天仙膏は皮膚から薬効を直接吸収し、がん細胞を抑制させ痛みを止めることを目的とする外用薬として作られています。貴重な生薬で配合され、特に成分の中の蟾蜍、氷片痛み止めに効果があると言われています。また、蟾蜍は浸透作用が強いため、速効性を期待することができます。

 

つまり、天仙膏の特徴とは、浸透作用が強く、皮膚から薬効が吸収されるので、がん細胞を抑制する働きがあります。また、神経を刺激し、ガン病の痛みを緩和できます。

 

従って、各がん病に対して天仙液、天仙丸と併用することができます。そのほか、各種のがん病の痛み、神経痛、筋肉痛、関節炎、リュウマチ痛などにご利用できます。

 

天仙膏ご使用の際の注意事項

1.4時間から8時間までの使用時間を厳守してください。

2.8時間以上のご使用は厳禁です。

3.肌の弱い方は、特に使用時間に注意し、予め油分や、刺激の少ないクリーム

のようなものを薄く塗ってからご利用下さい。

4.かゆみ、かぶれが生じた場合は、直ちに使用を中止し、ある程度回復してか

ら再度お試し下さい。多くの場合、使用するうちにかゆみ、かぶれはなくな

ります。

 

以上、天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司の医療顧問孫苓献先生のアドバイスをご紹介致します。皆様のご健康にお役に立てれば幸いです。

なお、ご病状や、体質の個人差によって利用方法などが異なりますので、ご利用の際指定窓口へご相談下さい。

 

容量 64枚・・・1セット分
製品価格 12,000円 (送料込)

 

×