現在のページ: 首页 > 天仙液関連ニュース > 未分類 > 臨床試験 > 内容

抗がん漢方薬天仙液における最新乳がん臨床試験に関する論文掲載

2012年08月13日 天仙液関連ニュース, 未分類, 臨床試験 ⁄ 合計 1519字 ⁄

 抗がん漢方薬天仙液の世界総販売・中日飛達聯合有限公司からのお知らせにより、台湾国立台湾大学付属医院で行った天仙液の乳がんに関する臨床試験結果が、イギリスの補完代替医療薬物医学誌で発表され、多くの国の医療機関や、専門家から反響があったそうです。

  がん病で悩まされている方々のご参考のため、その掲載内容を下記の通りご紹介致します。皆様のがん病治療の情報収集にお役に立てれば幸いです。

掲載誌:補完代替医療薬物医学誌

研究主題:

Safety and Efficacy of Tien-Hsien Liquid Practical in Patients with Refractory Metastatic Breast Cancer: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, Parallel-Group, Phase IIa Trial.

 標準の伝統治療で治癒難しい、しかも転移や他臓器転移のある乳がん患者に対して、くじ引きによるランダム方式で二重盲検法を用いて、THL—Pを服用するグループとプラシーボを服用するグループに分けて、THL-Pの転移性乳がんに対する安全性、及び有効性に関する研究。

研究者:

郭文宏医師、姚建安医師、林枝輝薬剤師、張金堅教授

Wen-Hung Kuo Chien-An Yao Chih Hui Lin King-Jen Chang

研究機関:

  国立台湾大学医学員付属医院 一般外科

1 Department of General Surgery, National Taiwan University Hospital,Taipei, Taiwan

  国立台湾大学医学院付属医院 家庭科

2 Department of Family Medicine, National Taiwan University Hospital,Taipei, Taiwan

  倍爾佳生物科技有限公司

3 Gerent Biotech Co., Ltd., Taichung, Taiwan

   台中澄清医院  一般外科部

4 Department of Surgery, Cheng Ching General Hospital,Taichung, Taiwan

 刊行物紹介:

 The Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine was established in 2004 by Professor Edwin L. Cooper. It is a medical journal with an international prospective that mainly collects papers on complementary and alternative medicine and encourages exploring folk medicine and new therapies for further understanding and examination.

Impact Factor for 2012 is 4.774.

 実証医学(補完代替医療薬物)学会誌は2004年エドウィン エル クーパー教授(Prof. Edwin L. Cooper)に創刊され、主に代替医療や補助医療に関する医学論文を掲載し、医学界が現代及び伝統医学に対して理解と探索を深めるのを奨励しています。2012年Impact Factor for 4.774

 リンク:

URL: http://www.hindawi.com

 重要声明:

 当サイトの掲載している画像がすべて実証医学(補完代替医療薬物)医学誌(http://www.hindawi.com) より転載したもので、所有権は実証医学(補完代替医療薬物)医学誌に属しています。

×