今、なぜ漢方が見直されているのか?世界的に注目される抗がん漢方薬天仙液

医療技術の発達により、臓器移植さえも行われるような時代になっている現在、それでもなお、漢方の需要があり、またその有効性が見直され、注目されていますのです。

では、なぜ今、漢方が注目されているのでしょうか。その大きな理由のひとつには、現代人の疾患、病態が複雑になってきたということが考えられます。昔は病気といえば感染症やケガなど、かなり限られたものでした。

それが、最近のように食品の汚染の問題や生活を取り巻く環境の変化、ストレスなどで、ただ単純に診断できる病気が少なくなり、一人の人にさまざまな症状が複合して出てきているのです。

また、原因不明な慢性病やがんをはじめとする難病では、調査によると、西洋医療だけでは限界を感じている医師がいます。日本人の死因の第1位で、2人に1人は罹ると言われるがんにおいては、いまだ特効薬が見出せないでおり、西洋医療によるがん治療における副作用の問題、転移・再発の問題、これだけ医学が進歩しても、末期がんとなると手の施しようがないなど、未だ解決できない状況にあります。

こうした病気に対して、西洋医療では様々な治療を行っています。例えば西洋医薬を投与しようとする場合、患者はそれぞれの病気、症状、病態によって何種類もの薬を服用しなければなりません。また、がん治療においては手術、放射線治療、化学療法(抗がん剤)の3大療法が行われていますが、副作用の問題や転移・再発、そして末期がんには治療方法がないなど、乗り越えられない問題に直面しています。

そこで、多くの医師や、患者さんが「第四の治療」と言われる「代替医療」を癌治療の選択肢のひとつとして、注目するようになりました。その一環として更に漢方薬が注目される理由は、西洋医薬に比べて副作用が少なく、患者が安心して使えるということでしょう。西洋医薬は自然界に存在しない化学物質の成分を単一に合成したものですから、新しい薬だといかに新薬試験を行ったといえども、今まで誰も知らなかった副作用が、強くでることがあります。それに比べて、漢方薬は自然界にある生薬の組み合わせによるもので、何千年も前からいろいろな人が実際に使って、毒のあるものと毒のないもの、効能があるものと効能がないものなどを完全に区別してきました。毒のあるものはその毒を中和させる薬を処方して漢方薬として、効能のあるものと別の効能があるものを処方することで、さらに効能を高める漢方薬ができるなど、どのように使うかということも分かっていますし。副作用についても分かっています。つまり、長い経験による臨床を繰り返してきたのです。

抗がん漢方薬天仙液はこうした背景の中、生みの親王振国先生は薬草の宝庫として有名な中国東北部の長白山脈で生成する生薬をから抗腫瘍作用、抗がん作用などのある生薬を20種類以上配合して開発された抗がん漢方です。

天仙液は、中国をはじめ、アメリカ国立衛生研究所所属のアメリカ国立がん研究所、同国の権威ある医学誌『ACM』、イギリスのオックスフォード大学出版局が発行する『Oxford Journal』などに今、注目されているほど、世界的な「抗がん漢方」です。

こうした漢方医学の理論と西洋医薬の科学的な理論と技術とを組み合わせた『中(漢方)西(西洋医学)医結合医療』によってつくられた抗がん漢方が新しいがん治療として世界的に注目されているのです。

casino netherlands title="IMG_1073" src="https://www.genkiseika.com/wp-content/uploads/IMG_1073-300x225.jpg" alt="" width="300" height="225" />

 

 

 

 

 

 

 

※以上の内容は、抗がん漢方薬天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司の資料によるものです。

×