抗がん漢方薬天仙液の位置付けについて

近年のがん治療をみると、手術、抗がん剤治療、放射線治療のいわゆる標準治療から、サプリメント、漢方、ホメオパシーなどの代替療法を取入れる統合医療が主流となりつつことが伺えます。

多くの専門家や、医師が標準治療によるがん治療によって、患者さんの身体にもたらすダメージという問題点を上げ、癌症治療と同時に身体の免疫機能を破壊しない自然治癒力の強化がベストと訴っています。

こうした現状から、統合医療のなか、漢方も重要な役割と言われているなか、がん治療によるQOLの改善や、免疫力の増強に注目されていて、日本でもよく使われるようになっております。

自然治癒を求める声が高まるなか、漢方製剤の利用が多くなり、標準治療による治療効果を高める方法のひとつとして評価されるようになってきています。そこで、がん治療の分野で、エビデンスをもつ漢方製剤として日本だけではなく、海外でも医師や専門家の高い評価を得ている天仙液が脚光を浴びています。 

抗がん漢方薬天仙液は、中国政府初めて認可した抗がん漢方薬であり、がん治療先進国のアメリカでは、FDA(アメリカ食品医薬品局)から認可を受け、オーストラリアではTGA(薬物管理局)から医薬品認可を得るなど、世界各国でその有効性を認められています。

天仙液の実験データなどからはその作用は海外の論文などで掲載された実験結果から伺える一方、多くの利用者の声も世界各国から寄せられている事も多くの雑誌や、書籍で取り上げられています。その利用者の声として、食道癌を切らずに延命10年の週刊ポスト元編集長のジャーナリストの関根進さんと、台湾の女優の乳癌患者のイディス・シーさんの体験話が多くのがん患者さんと、そのご家族から共感を得ています。お二人の治療の共通点は、「標準治療(抗がん剤+放射線)+漢方複合薬・天仙液」という治療の組み合わせで、10年延命してきたがん患者さんであります。

現在、多くのがん治療の専門医から、西洋医学は実際に足りない部分が多くあり、そのため、より多くの治療方法による結合治療が必要と訴っています。その目的は、やはり標準治療によるがん治療のほか、可能性のある分野において、満足のできるがん治療、つまり成功する治癒率を認められる治療法をいかに取り入れ、患者さんが救われるということであろう。従って、世界各国で注目されている天仙液のもつ作用と、エビデンスが今後のがん治療において、新たな傾向となることが伺えると同時に、がん治療のサポート、がん予防またはがん患者さんの体質改善、QOLの改善に多いに役立つと思われます。

世界に供給されている抗がん漢方薬天仙液

 

 

×