現在のページ: 首页 > 天仙液関連ニュース > 未分類 > 臨床試験 > 内容

抗がん漢方薬天仙液における「がん幹細胞除去作用」に関する最新論文発表

2012年10月16日 天仙液関連ニュース, 未分類, 臨床試験 ⁄ 合計 809字 ⁄

日本中いま、ノーベル賞受賞した山中教授よりも注目されているのが、自称ハーバード大学客員講師の森口尚史氏ではないでしょうか。

iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った臨床応用について、森口氏は虚偽の発表をした後専門家や多くの媒体の追究で、虚偽だった事を認めたが、現在もiPS細胞を使った移植手術を世界で初めて成功させたことを主張し続けています。

 そんな人工多能性幹細胞(iPS細胞)に関する報道で賑わっている真っ最中、台湾衛生研究所がん研究所研究員、台北市立萬芳医院副院長頼基銘医師の研究チームが、抗がん漢方薬天仙液を用いた「がん幹細胞に対する除去作用」に関する研究論文が、世界的権威ある医学雑誌「Evidence- Based complementary and Alternative Medicine 」に掲載され、医師や、医療専門家から注目されています。(論文内容は、下記URLよりご参照下さい。)

 http://www.hindawi.com/journals/ecam/2012/617085/  

 抗がん漢方薬天仙液の長年続けて来た臨床試験が次々と世界的に著名な医学雑誌で紹介され、その試験データからいままで「漢方が経験医学であり、エビデンスがない」というイメージを変え、世界各国で注目されています。現在も様々な医療・研究機関で抗がん漢方薬天仙液における臨床・非臨床試験を行っています。その理由は、中国医学(漢方医学)を基礎に開発された抗がん薬天仙液の有効性を現代医療の見地からも検証すべきだと考えるからです。

また、抗がん漢方薬天仙液の世界総販売元中日飛達聯合有限公司の話によると、これまで行われて来た天仙液に関する病理・臨床試験データから、その高い抗腫瘍作用だけではなく、がん治療においても応用範囲が広域であることも確認されています。このように、各国で医薬品認可を得るため、現在も製品の研究・臨床試験が行われています。

 

×