天仙液の服用に関する質疑応答

Q.私の姉が昨年11月に進行性ガンを患いました。以前、大腸ガン、胃ガンを経験しており、抗がん剤を投与したところ、身体に合わず、白血球が4分の1に減りました。医師からは今度再発したら、余命は一年と告知されました。現在、天仙液を飲み始めておりますが、担当医からは抗ガン剤との併用は止められています。このまま天仙液を服用続けるべきでそうか?

A:現在の医療で、この薬で絶対にガンは治るというのは残念ながらありません。西洋医学は試験データを重視するが、天仙液というのは免疫力を高めて生体機能の調整を整えてくれます。患者さんや、ご家族の判断に委ねられますが、ぜひ天仙液との併用を続けるべきです。

 

Q.私は過去に3度、膀胱ガンの手術を受けました。ガンを患った当初は、天仙液を1日60cc服用しておりましたが、昨年5月で満6年間、再発もしておりません。今では食欲も出てきました。天仙液を止めようかと思っておりますが、どうすればよいでしょうか?

A:天仙液は身体機能改善を促してくれます。漢方というのは、西洋医学のように手術してそれで終わりではなく、飲み続ける事によって、5年、10年で身体を改善してくれます。完全に止めるではなく、日々の体調に合わせて、2、3日に1本、或いは季節の変わり目(漢方的な考えでは、3月と9月)に1カ月だけ毎日飲むというような飲み方も可能です。

 

Q.一昨年、肺ガンの手術を行いましたが、8ヶ月後、腫瘍マーカーが上がってしまいました。抗がん剤を点滴していますが、あまり効果が無く、1週間前に天仙液を飲み始めました。天仙液との併用は問題ないでしょうか?

A:入院で併用する事は全く問題ありません。飲んでみて問題がなければ、まずは3カ月間、服用するべきです。

 

Q.私の母は現在85歳です。昨年の12月に食道ガンを患い、高齢でもあるため、手術ができません。食事も喉が通らず、セカンドオピニオンで放射線治療を行っております。天仙液はまだ飲み始めたばかりですが、食道ガンに適した天仙液を教えてください。

A:漢方というのは飲み初めがとても大変です。はじめて天仙液を取り入れたい場合ですと、「天仙液」が適しています。喉を通らないとのことでしたら、お尻からの座薬もあります。天仙液には、免疫機能を改善し、身体全体のガン細胞の抵抗力を高めてくれる働きがあります。そのため、放射線治療との併用は効果が期待できます。

 

Q.79歳の母の事で相談します。10年前ですが、肺ガンを患い手術を行いましたが、現在では、末期で寝たきりで要介護です。肺にも水がたまって、糖尿病も併発しております。インターネットで天仙液を知り服用していますが、毎日薬漬けで呼吸も辛く、服用を拒否しています。糖尿病のインシュリンを打ってても併用は大丈夫でしょうか。

A:糖尿病のコントロールをきちんとしていれば、天仙液を併用しても大丈夫です。天仙液は少しずつ体内の改善を促してくれます。食生活も重要です。

 

※ 以上の内容は、天仙友の会での国分寺鈴木病院鈴木徹也院長の返答でした

×