抗がん漢方天仙液の安全性について

天仙液」は、“薬草の宝庫”として良質な薬草が天然自生することで有名な、長白山脈(中国の東北部にある山脈)で採取された「生薬」を中心に使用しています。

その配合生薬は、香港で製品化され、世界的に権威のある厳格な検査機関の香港SGS(スイスに本部を置く世界最大級の検査及び審査登録機関Societe Generale de Surveillance)によって、毒性検査などの品質チェックがなされており、国際的に最高レベルの品質管理を行っています。その配合生薬を、香港の製薬会社・中日飛達聯合有限公司の最新工場で一つ一つ製品化されているのです。 

従って、安全性については万全ですので、ご安心して「天仙液」を含む「天仙系列製品」を使用なされて下さい。

このように「天仙液」は、薬草、配合生薬から検査、品質管理、製品化まで、国際基準のもとに香港の製造会社で厳重な安全体制のもとにつくられて、抗ガン漢方薬の「医薬品」として、全世界に供給されています。

そもそも生薬は長年の歴史とともに生みだされ、自然の恩恵を受けた貴重な財産といえます。その貴重な生薬を、長年に渡って徹底的に研究し、生まれたのが「天仙液」です。天仙液はこれまでの研究成果が実を結び、各国で医薬品やサプリメントとして許認可を受け、多くの方々にご愛飲されている製品です。

今現在も国内外のさまざまな研究機関で臨床試験が繰り返され、病理学的な研究が進められています。それは、漢方の領域で開発された抗ガン新薬の有効性を、現代医療の立場でも検証すべきと考えるからです。また、天仙系列製品をより多くの国々の方にご利用していただくためでもあります。

これまで行われた病理と臨床試験による多くのデータから、その高い抗腫瘍作用だけではなく、効果が応用できる領域についても広域であることが確認されました。

現在でも、天仙液の研究・臨床試験は行われており、各国承認のために日々努力がなされております。

 

×