日本最新がん治療臨床研究・・・がん幹細胞をたたく新薬に関する報告

がん治療の複雑化によって、治療が難しいと言われているなか、より効果を求めるがん治療が多く研究されています。そうしたなか、2013年10月1日(火)日本経済新聞で掲載された「がんの親玉 たたく新薬 慶大が確認 再発・転移防ぐ」と題した癌病の再発・転移防ぐにかかわるがん幹細胞について、手術や抗がん剤で除けなかったがんの親玉であるがん幹細胞の増殖を防ぐ薬の開発に成功し、数年内に実用化を目指すとの報道がありました。

概述:

がんとは、増殖能力を持った細胞において、がん抑制遺伝子やがん遺伝子の変化によって遺伝子が不安定なものとなった結果、増殖停止や細胞死、老化などの機構に異常が生じたことによって発生する疾患とされる。

従来、がんの組織は永続的に増殖し続ける細胞の塊ととらえられてきたが、近年の研究を通じて2つのタイプのがん細胞があることが判明している。一つは、自己複製機能を持ち、半永久的に子孫の細胞をつくり続けるもので、いわば「がん幹細胞」。そして、もう一つが最終的には増殖機能を失う大多数の細胞である。つまり、正常な状態の幹細胞と前駆細胞のような関係が、がん細胞にもあることが分かってきた。

がん幹細胞の性質として、細胞周期が遅いため、抗がん剤や放射線照射に対する感受性が低く、治療しにくい点が挙げられる。そのため、薬剤治療などによって大多数のがん細胞が死滅しても、がん幹細胞が生き残ってしまう。それががんの根治に至らないという問題につながっている。

そこで、慶應義塾大学医学部教授の佐谷秀行氏は、細胞周期制御機構および細胞接着制御機構などを細胞生物学的手法を用いて詳細に解析し、その結果について動物モデルを用いて検証することにより、がんの発生や浸潤、転移のメカニズムを分子レベルで解明しようと研究に取り組んでいる。

実は、数年前から天仙液によるがん幹細胞の除去などに関する研究に着目し、がん幹細胞の除去などに関する研究論文が世界著名な医学誌で研究結果が発表され、注目を集めています。

発表された研究論文:

 

これらの論文の発表から、天仙液の抗がん作用に関する研究は世界レベルであることが伺えます。慶応大の佐谷秀行教授は「がん幹細胞に効く薬と通常のがん細胞に効く従来の抗がん剤を併用し、同時にたたくのが効果的という。がん幹細胞をやっつけてもとを絶ち、がん幹細胞に戻る恐れのある通常のがん細胞も退治する」と述べていらっしゃいます。今後のがん治療は、がん幹細胞の除去が有効な治療法であることが再発見されるに違いないだろう。

×