現在のページ: 首页 > 天仙液の成分と作用 > 未分類 > 内容

抗がん漢方薬「天仙液」とは

2011年03月01日 天仙液の成分と作用, 未分類 ⁄ 合計 1343字 ⁄

「天仙液」とは、現在では世界20ヵ国、延べ60万人以上のガン患者の方々が使用する「抗ガン漢方薬」です。 天仙液は、中国政府より初めて抗ガン漢方薬として認定された天仙丸(錠剤)を開発した王振国医師(現・長白山薬物研究所所長・中国国家衛生部医学研究員・ 振国腫瘍病院院長)と、香港の製薬会社・中日飛達聯合有限公司の薬品開発チームの共同研究により開発されました。
王振国医師
▲天仙液の開発者、王振国医師

錠剤を液状化したことにより成分の吸収力や浸透性が格段に向上し、進行型のガンに病み衰弱している患者の方々にとっても服用し易く改良されました。 また、錠剤を溶かすために分泌される胃酸により胃や腸へかかる負担も、軽減することを可能にしました。
天仙液には、天仙液と、より優れた抗ガン効果のある天仙液強効型が存在します。 天仙液をはじめとする天仙系列製品の開発は、誕生から20年を経過した現在でも決して現状に満足することなく、アメリカ、日本、中国、台湾など世界各国で、日々多岐にわたる臨床・非臨床試験が行われ、より効果の高い製品を目指し改良を重ねています。 天仙液に関する臨床・非臨床試験結果から、がん細胞に対する殺傷作用があり、またがんに侵された体内の代謝作用を強化し、免疫作用の増強ができる作用があるとみられ、多くのがん患者さんのがん治療のサポートとして利用されている漢方製剤です。また、優れた免疫増強作用があるため、健康な方にも飲用されています。

天仙液
▲天仙液

casinos title="tensenkyoko1" src="https://www.genkiseika.com/wp-content/uploads/tensenkyoko1.jpg" alt="天仙液強効型" width="180" height="148" />
▲天仙液強効型

世界の多くで医薬品、サプリメントとして流通されています
天仙液(てんせんえき)は、世界各国で医薬品または漢方サプリメントとして、中国、香港はもとより、欧米、オーストラリア、東南アジアなど多くの国で認可され、広く使用されています。
中国、香港では医薬品、オーストラリアではTGA(薬物管理局)から認可を受けた医薬品、タイでは厚生省食品医薬品局から許可を受けた医薬品、アメリカではFDA(アメリカ食品医薬品局)から認可を受けた漢方デイリーサプリメント、台湾では衛生省から認可を受けたサプリメントというように、多くの国で使用されているのです。
品質管理においては、その配合生薬をもとに香港で製品化され、世界的に権威のある厳格な検査機関の香港SGS(スイスに本部を置く世界最大級の検査及び審査登録機関)によって、毒性検査などの品質チェックがなされており、国際的に最高レベルの品質管理を行っています。その厳しい品質検査を経た配合生薬を、香港の製薬会社・中日飛達聯合有限公司の最新工場で一つ一つ製品化されているのです。
このように天仙液(てんせんえき)は、薬草、配合生薬から検査、品質管理、製品化まで、国際基準のもとに香港の製薬会社で厳重な安全体制のもとにつくられて、抗ガン漢方薬の「医薬品」として、全世界に供給されています。
日本ではまだ、天仙液(てんせんえき)は医薬品としての許認可を受けておらず、一般的に販売はされておりません。天仙液の入手につきましては、厚生労働省のガイドラインに従って、天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司(本社・香港)の日本指定個人輸入代行会社に代行を依頼することで、安全に入手できて、安心して使用することができます。

天仙液の製造工場
▲天仙液の製造工場

×