現在のページ: 首页 > 未分類 > 臨床試験 > 内容

日本での臨床試験

2011年02月01日 未分類, 臨床試験 ⁄ 合計 1377字 ⁄

試験機関

株式会社 新薬開発研究所 中央研究所

試験表題

天仙液の抗腫瘍効果に関する試験1天仙液の抗腫瘍効果に関する試験2

試験方法

マウス(各8匹)に腫瘍を移植後、14日間、下記の方法で経口投与し、投与終了翌日、腫瘍を摘出し、その重量を測定。

・対照群:水(注射用水)
・投与群:天仙液
・投与群:天仙液(強効型)

試 験 結 果 概 要

対照群である水(注射用水)を与えていたマウスと比較(各8匹の平均値)して、投与群の天仙液で最大値では89.4%(平均62%)、天仙液強効型で最大値では94.1%(平均84%)という腫瘍抑制率を示し、高い抗ガン効果が実証された。また、対照(注射用水)投与マウスと天仙液・強効型)投与マウスの体重がほぼ同様に推移(体重増加)したことから、一般に抗悪性腫瘍薬にみられる副作用はなかったと推測される。

天仙液の抗腫瘍効果に関する試験 -腫瘍湿重量-(最大値)

<1>天仙液を投与
- 腫瘍湿重量 - 

腫瘍湿重量(mg)
動物番号
対照 

(注射用水)

天仙液
0.2mg/匹/day 0.2mg/匹/day
1 1243 406
2 1091 186
3 1541 871
4 1030 451
5 1376 178
6 1209 849
7 1114 569
8 1066 163
平均値 1209 459(62.0)
<2>天仙液強効型を投与
- 腫瘍湿重量 - 

腫瘍湿重量(mg)
動物番号 対照 

(注射用水)

天仙液強効型
0.2mg/匹/day 0.2mg/匹/day
1 1756 209
2 1311 210
3 1534 210
4 1526 223
5 1540 315
6 1341 141
7 2331 547
8 1102 136
平均値 1555 249(84.0)
<1> 天仙液 <2> 天仙液強効型
天仙液 online casino title="data_zu2_new1" src="https://www.genkiseika.com/wp-content/uploads/data_zu2_new11.gif" alt="天仙液強効型" width="243" height="198" />
注射用水(水)を投与 

したときの腫瘍湿重量

天仙液を投与 

したときの腫瘍湿重量

注射用水(水)を投与 

したときの腫瘍湿重量

天仙液強効型を投与 

したときの腫瘍湿重量

 

天仙液の抗腫瘍効果の試験データ  -腫瘍湿重量-(平均値)

<1> 天仙液の抗腫瘍効果に関する試験
投与物質 投与量 

(ml/匹/day)

投与日数 

(日)

動物数 

(匹)

腫瘍湿重量 

(mg)

100-T/C※ 

(%)

A 対照(注射用水) 0.2 14 8 1209±62 0.0
B 天仙液 0.2 14 8 459±102 62.0

 

<2> 天仙液強効型の抗腫瘍効果に関する試験
投与物質 投与量 

(ml/匹/day)

投与日数 

(日)

動物数 

(匹)

腫瘍湿重量 

(mg)

100-T/C※ 

(%)

A 対照(注射用水) 0.2 14 8 1555±131 0.0
B 天仙液 強効型 0.2 14 8 249±47 84.0
それぞれの値は、平均±標準誤差を表す。 

※100-(各被験物質群の平均摘出腫瘍重量/対照群の平均摘出腫瘍重量)×100

腫瘍抑制率 (%) ≧ 30  抗腫瘍効果あり。

 

<1> 天仙液 <2> 天仙液強効型
天仙液 天仙液強効型
注射用水(水)を投与
したときの腫瘍湿重量
天仙液を投与 

したときの腫瘍湿重量

注射用水(水)を投与
したときの腫瘍湿重量
天仙液強効型を投与 

したときの腫瘍湿重量


投与量は、一般の方々にわかり易いよう、試験機関の了承を得て通常の〔ml/kg/day〕を〔ml/匹/day〕で表記しています。

臨床試験は、日本のほか、アメリカ財団法人BRI研究所、台湾FRC生物医学研究センターでも行われました。臨床試験に関します詳細につきましては、資料(P18からP31)をご確認ください。

×