現在のページ: 首页 > 天仙液の成分と作用 > 未分類 > 内容

抗がん漢方薬天仙液と食べ物の関係

2011年02月05日 天仙液の成分と作用, 未分類 ⁄ 合計 843字 ⁄

お正月休みを終え、厳しい寒さと闘いながら通勤している方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

この連日の寒さで、なんとなく身体がカチカチでいまいち本調子が戻らないと感じていた方に、抗がん漢方薬天仙液と食物の関係、つまり天仙液、天仙系列製品を利用する際に、避けたほうがよい、あるいは相性のよい食べ物について、お知らせしておきたいと思います。

ご存じの方も多いかと思いますが、「医食同源」という言葉を分かりやすく説明させて頂くと、一般の食物の中にも薬として作用する成分がたくさん含まれているという解釈になります。
しかし、問題は食べ物と天仙液との相性はどうでしょう。
そこで、天仙液の総販売元・中日飛達聯合有限公司は、長年の販売経験と王振國先生のアドバイスや、ガン患者さんの利用後の体験談から、次のようなアドバイスがありました。

天仙液は抗酸化作用をもつ食物、いわゆるニンニク、シイタケ、酢、海藻類、豚骨スープ、豚の血、くだもの、果汁、野菜、豆類製品などが天仙液との相性がよいのです。
一方、天仙液との相性の悪いカニ肉や、トウガラシ、鶏の皮など以外のものであれば、それぞれ少しずつで結構ですから、多様な食品を毎日食べるように心がけたほうがよいでしょう。
また、お酒も可能でしたら、控えて頂いたほうがよいと思われます。
基本的には動物性脂肪を避ければ、肉類は食べても何ら問題はありません。
鶏肉だろうと鴨の肉だろうと、酸化されやすい皮などは食べずに肉質だけを摂るようにしてください。
魚介類に関しては、エビやカニ類以外であれば、何を食べてもいいですし、魚に関していえば、イワシ、サンマなどがいろいろとありますが、マグロのトロやサバなども抗酸化作用が強いといわれていますから、食べてもよい魚の部類に入ると思います。

近年「デトックス」いわゆる体内に溜まった毒素をいかに排出する、いかに溜まらない養生飲食方法も多く利用され、自然に帰すという考え方から、食べて健康になる、いわゆる「玄米菜食」の実践もよいと思われます。

×