現在のページ: 首页 > 未分類 > 臨床試験 > 内容

天仙液による末期がんの治療効果(中国)

2011年02月24日 未分類, 臨床試験 ⁄ 合計 1679字 ⁄

がん治療及びがん予防を目的とした抗がん漢方薬天仙液及び天仙系列製品による研究成果は、中期、末期がんに対する治療効果では世界でも先駆的地位にあります。

天仙液は、北京、吉林、天津ほか、30以上の医療機関で末期の「食道がん、胃がん、腸がん」の三つの696例に「天仙液」投与試験を行った結果、がんの安定期間が中国の暫定的な治療評価基準において有効とされる症例が620あり、高い有効率を示した。なかでも「食道がん」には89.3%の有効率でありました。
また、末期の「肺がん、肝臓がん、腫瘍、乳腺がん」などの有効率も評価されました。(図表①参照)

図表① 天仙液単独使用による末期ガンの治療効果

病名
症例(数)
効果あり(例)
効果なし(例)
有効率(%)
食道がん
225
201
24
89.3
胃がん
376
334
42
88.8
腸がん
95
85
10
89.5
肺がん
94
73
21
77.7
肝臓がん
34
25
9
73.5
脳腫瘍
46
28
18
61.0
乳腺がん
78
56
22
71.8
★天仙液+放射線の併用治療による食道がんの治療効果
それぞれ程度が異なる放射線治療に「天仙液」を併用し、中期と末期の食道がん患者の臨床治療を行いました。
その臨床データが示すように、「天仙液」との併用による有効率が高いことが確認され、食道がんに対して優れた抑制作用を示しています。(図表②参照)

図表② 天仙液+放射線の併用治療による食道がんの治療効果

治療方法
総有効率(%)
1
天仙液900ml + 半量のDT4000cgy照射
80
放射線単独、半量の4000cgy照射
45
2
天仙液1350ml + 半量のDT4000cgy照射
80
放射線単独、半量のDT6000~7500cgy照射
60
3
天仙液1350ml + 全量のDT6000~7500cgy照射
95
放射線単独、全量のDT6000~7500cgy照射
60
4
天仙液900ml + 全量のDT4000cgy照射
71.4
放射線単独、全量のDT4000cgy照射
11.9

 

★天仙液+抗がん剤の併用と抗がん剤単独による食道がんの治療効果比較
「天仙液」投与群と非投与群を設け、「天仙液」と抗がん剤(化学療法)との併用で、中期と末期の食道がんに対する治療効果を観察しました。
この結果、「天仙液」は抗がん剤の短期の治療効果と食道がんの治癒率(有効率)を高めることができました。
同時に「天仙液」は抗がん剤がもたらす骨髄抑制などの副作用を著しく低下させることが分かりました。
また、「天仙液」と抗がん剤の併用による臨床試験の中で、最も重視すべきことは「天仙液」の併用で肺がんとリンパ腫に極めて短期間で緩和が示されたことであります。
なお、この試験の結果により、「天仙液」と抗がん剤の併用によって、食道がんは治癒率を22%高めることができました。(図③参照)

図表③ 天仙液+抗がん剤の併用と抗がん剤単独による食道がんの治療効果比較

治療方法
総有効率(%)
天仙液 + 抗がん剤
79.2
抗がん剤単独
57.2

 

★天仙液による放射線、抗ガン剤治療で生じた副作用の低下率
「天仙液」は、放射線、抗がん剤の治療によって生じる様々な副作用を抑える作用があることが、臨床試験で判明しています。
嘔吐、脱毛をはじめ、白血球や血小板の減少を抑制しています。
こうした副作用を抑制し、軽減することは、がん患者にとっては、肉体的にはもちろん、精神的な苦痛も和らげてくれます。
食物を飲み下すときに大きな障害となる粘膜炎や嘔吐に悩まされることが無ければ、当然食欲は増進し、体力をつけることができます。
また、白血球の減少や血小板の減少、ヘモグロビンの減少などを抑えることができれば、免疫力が向上し、がんの進行を抑える方向に繋がって行くことになります。(図④参照)

図表④ 天仙液による放射線・抗がん剤治療で生じる副作用の低下率

悪心嘔吐
脱毛
粘膜炎

白血球

減少

血小板

減少

ヘモグロビン

減少

82.3
79.3
83.6
93.7
98.1
88.5

※上記内容は、天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司の資料基づいて、和訳されたものです。
病状や、体質の個人差によって、利用効果が異なります。

×