現在のページ: 首页 > 天仙液関連ニュース > 未分類 > 臨床試験 > 内容

オックスフォード・ジャーナルほかに論文が掲載されました

2011年03月01日 天仙液関連ニュース, 未分類, 臨床試験 ⁄ 合計 813字 ⁄

先日、抗がん漢方薬天仙液(Tien Hsien Liquid)の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司(本部・香港)から、世界的に有名なイングランド・ジャーナル(England journals)医学掲載誌に、天仙液に関する二つの研究論文が掲載されたとの知らせを頂きました。

この情報をいち早く、天仙液ご利用中の方または、検討中の方に抗がん漢方天仙液は常にエビデンスを追及する、より安心、より品質の信頼のおける抗がん漢方である事をお知らせいたします。 その研究内容の概要は以下の通りです。

その掲載内容は、

1.2009年11月に、医学誌オックスフォードジャーナル(Oxford Journal)で、抗がん漢方天仙液(THL)は、がん細胞の中にある信号通路を抑え、PML-RARα融合蛋白を分解させ、急性骨髄性白血病細胞株NB4に対するアポトーシスを誘導します。つまり、天仙液は急性骨髄性白血病細胞の分子標的治療の効果があるとの実験論文を掲載しました。
Oxford-Journal
掲載誌:eCAM Advance Access published Novermber 23, 2009
掲載論文名:Targeting PML-RARα and Oncogenic Signaling Pathways by Chinese Herbal Mixture Tien Hsien Liquid in Acute Promyelocytic LeukemiaNB4 Cells.

2. 2010年4月に、医学誌BMC Cancerで、抗がん漢方天仙液(THL)は、腫瘍の転移の抑制、または新生血管、腫瘍細胞の生長を抑制する作用があるとの実験論文を掲載し ました。

BMC-Cancer
掲載誌:BMC Cancer -Chia et al. BMC Cancer 2010
掲載論文名:Inhibition of maetastasis, angiogenesis, and tumor growth by ChineseHerbal cocktail Tien Hsien Liquid

 

 

×