抗がん漢方薬天仙液のご利用について

最近、私共の相談室に多くの方から、抗がん漢方薬天仙液、天仙系列製品のご利用に関するご質問が多く寄せられております。その質問内容の多くは、天仙液の選択方法や、利用方法に関する事です。そこで、がん患者さんのご健康にお役に立ちたいお気持ちで、抗がん漢方薬天仙液の生みの親・王振国先生(漢方医)に確認しました天仙液、天仙系列製品に関する選択、利用方法をご紹介したいと思います。皆様の抗がん、またはがん予防の一助になれれば、幸いです。

なお、現在天仙液の誕生記念として、世界総販売元・中日飛達聯合有限公司の天仙液販売20周年記念キャンペーン「買1送1」を、5月31日まで限定2000セットの特別キャンペーンが行っています。

■抗がん漢方薬・天仙液の選択方法

天仙液は、香港の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司からの資料をご覧の通り二つの種類があります。まず成分の配合パーセンテージの違いから言いますと、一番飲用しやすいのは通常タイプの「天仙液」です。このタイプは、日本で紹介されてから20年が経ち、一番よく利用されているタイプの天仙液です。容量は1本20ccです。次に、成分配合が一番強いタイプである「天仙液強効型」です。容量は同じく1本20ccとなっています。この二つのタイプ全てがガン細胞に対する殺傷作用をありながら、ガンに侵された体内の代謝作用を強化し、免疫作用増強ができる作用があります。(※各臨床試験結果は、中日飛達聯合有限公司の『天仙系列製品総合製品情報概要』をご参照ください。)従って、ガンの治療薬としてはもちろん、再発予防としても用いられる抗ガン漢方薬です。また、優れた免疫増強作用があるため、健康な方にも飲用できます。

以上二つのタイプの選択基準は、天仙液の生みの親・王振国先生のアドバイスによると、ご利用の方が服用しやすいと感じるタイプから選び、継続する事が基本です。つまり漢方薬の選択は、成分が強いから効果があるという判断ではなく、あくまでもご利用の方が、服用後どのくらいで薬効の吸収ができるかによって作用が違います。いわゆる病状や、体質の個人差によって、選択する天仙液の種類及び服用量が違います。こうした現状から、どちらのタイプが一番ご自分の身体に合うかの判断は、まず飲用しやすい「天仙液」からお試し頂いた後に、体調の変化の有無によって、ほかのタイプに切替える必要があるかどうかが判断の基準となります。


■抗がん漢方薬天仙液の系列製品・天仙丸の選択方法

王振国先生のアドバイスによると、天仙丸は単品で服用する製品ではなく、あくまでも天仙液との併用によって、より相乗効果がはかれるとの事です。また、胃腸の弱い方は、併用する天仙液のタイプについては、「天仙液強効型」はもっとも成分配合が強いため、「天仙液」との併用をお勧めしております。

号数の選択については、原発の場合は、癌病の部位に沿って号数を選択します。但し、転移があった場合は、転移先の部位に合わせて号数を選びます。また、2箇所以上の転移があった場合は、主治医の先生から進行が速いと言われた部位に合わせて、号数を選びます。そのほか、号数異なる天仙丸の複数の併用はお勧めしておりません。

■抗がん漢方薬天仙液の服用方法

天仙液の摂取方法は、共同開発者の王振国先生が「バイオリズムや生体活動、周期を考慮して効果的に薬効が発揮される時間を計算し、可能な限り摂取時間を守ること」を基本としております。効率的な天仙液の使用方法は中日飛達聯合有限公司の『天仙系列製品総合製品情報概要』をご参照ください。特にお勧めしたい摂取時間は、朝9:00と、夜9:00または就寝前の服用です。

 

■天仙丸の服用方法

天仙丸の標準の服用目安量は1号、5号、6号、7号は、1回3粒を1日3回、毎食後に服用してください。天仙丸3号は、1回3粒を1日3回、食前に服用してください。

 

5月31日まで、限定2000セットの特別「買1送1」キャンペーン

 

 

×