抗がん漢方薬天仙液強効型の特性

天仙液強効型は、天仙液を基本に、さらに抗がん効果を高めた天仙系列製品です。より短期間でがん細胞の拡大を抑制し、より直接的にがん細胞を殺傷できることがアメリカBRI研究所、台湾FRC研究所、日本新薬開発研究所などの専門機関で実証されています。主として漢方を用いて生成された薬剤で、「扶正」と「去邪」の両面から総合的な調整と弁論治療を行います。がん細胞のみを殺傷しながら正常細胞の抗がん作用を高めるのが特徴で、がんの抑制作用と身体の免疫機能増強作用が同時に期待されます。また、服用後の脱毛、脱落歯、貧血、不眠などの副作用もほとんどなく、服用者の体質によっては服用後7日〜20日間ほどで効果が期待できます。

天仙液強効型の効能効果

1.    がん細胞の殺傷作用

がん細胞殺傷原理「破壁原理」(がん細胞膜を突き破り、がん細胞核を死滅する)により抗がん効果を高める

独自の配合処方により、より早くがん細胞の核を破壊して死滅させ、総合的ながん抑制作用を最大に発揮する。

がん細胞に対する殺傷能力が持続する。

2.    免疫の増強作用

純天然生薬で構成されているため、副作用はほとんどなく、免疫機能を高めてがんを改善する作用がある。

3.    西洋医薬との相乗作用

放射線治療、化学治療との併用でがん細胞の分裂阻止作用が働き、副作用を軽減する。天仙系列製品の天仙液改良型より少量の服用で、がん細胞を殺傷する作用が確認されている。

4.    天仙系列製品との相乗作用

各種のがん病の改善に幅広く適用できるほか、天仙系列製品の「天仙栓」との併用で最も効果が期待される。

 

天仙液強効型の服用方法と服用量

日本人の身体は漢方生薬に慣れていないため、初めてご利用される方は身体との調和を図りながら服用してください。

服用第1週目は調整期間として、1日1本(20cc)程度の服用からはじめてください。80ccまで増量服用は可能ですが、体調に合わせ、服用量を調整してください。

 

以上の内容は天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司の「天仙液、天仙系列製品総合製品情報概要」の資料により掲載されたものです。がん治療中の患者さん、またはそのご家族のがん治療に関する情報収集のサポートとして、お役に立てればと思います。

天仙液強効型製品写真

×