抗がん漢方薬天仙液の種類、及び利用方法について

最近、私共の相談室に抗がん漢方薬天仙液と、天仙液強効型の違い及びその服用方法に関するご質問が多く寄せられているため、天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司に確認しました結果、これから天仙液をご利用なさりたい方へのご参考のために、下記の通りご紹介いたします。

 

天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司の医療顧問孫苓献先生(漢方医・北京振国腫瘍医院副院長)の話によりますと、抗がん漢方薬天仙液強効型は、多くの基礎試験や、長い間の使用経験上に基づいて研究を重ねて本来の成分、質量を強化して開発された抗がん漢方薬です。そのため、従来の天仙液に比べ、濃度が高いです。

 

その成分や、濃度の違いから、初めて天仙液をご利用する方、特に体質や体調の弱い方には、まず従来タイプの天仙液を2週間から4週間を慣らしてから、体調の変化に合わせて天仙液強効型に切り替えることをお勧め致します。

 

また、天仙液は製造上により瓶の底に貴重な生薬が沈殿していますので、服用の前に瓶をよく振ってから、ゆっくり服用するようにしてください。なお、服用した天仙液を消化管で直接吸収させるため、天仙液を服用してから5分〜10分の間に、お水などを大量の水分を摂らないようにしてください。

 

そのほか、服用した直後お水を飲みたい場合は、飲んだ後の瓶にお水を入れてお飲みになっても大丈夫です。

 

×