抗がん漢方薬天仙液、天仙系列製品のご利用に関する注意事項

2012年07月30日 天仙液、天仙系列製品のご利用, 天仙液製品について ⁄ 合計 860字 ⁄

連日の猛暑に庭の草木も心なしかぐったりしています。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

この時期になると夏祭りもあちこちで行われるようになりましたが、熱中症に気をつけましょうね。

さて、最近相談室によく天仙液、天仙系列製品の服用方法や、服用の際の注意事項等に関するお問い合わせが多く、皆様の今後のご参考のため、天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司に確認しました結果を下記の通りお知らせいたします。皆様のご健康にお役に立ちますよう、祈念致します。

天仙液、天仙系列製品のご利用に関する注意事項

1.病院から処方された西洋医薬と併用する場合は、服用前後40分〜1時間程の間隔をあけて下さい。

2.天仙液飲用期間中は、大量のカニ肉、鶏の皮、動物性脂肪の多い食品、または唐辛子、アルコール飲料などの摂取はなるべくお控え下さい。

3.  妊婦、またはジギタリス系(洋地黄・Digitalis)薬剤、強心剤Digoxin)   等を長期ご利用の方は、天仙液のご利用をお避け下さい。

4.   外科手術後14日間、または出血(吐血・血便)のある方は、天仙液、天仙系列製品のご利用はお避け下さい。

5.  人工血管手術を受けた方のご利用は、主治医と相談の上、ご使用下さい。利用可能と判断された場合は、術後傷口が回復した3日後から体調にあわ せて少量(5ml)からお試し下さい。

6. 高血圧、心臓病、糖尿病または人工透析を受けている方は、主治医と相談の上、天仙液、天仙系列製品をご使用下さい。利用可能と判断された場合は、体調にあわせて少量(3〜5ml)からお試し下さい。

また、服用後の血液の循環がよくなるため、心拍が速まったり、血糖値が不安定などの症状が見られる場合もあるため、飲用時間の間隔を長めに調整するか、ご利用を中止するなど体調にあわせて調整して下さい。

7. 天仙液、天仙系列製品ご利用後、胃、腸に不快感を感じる方は、食後のご利用がおすすめ致します。
8.より安心して、効果的な飲み方を確保するために、ご利用の際には当社、あるいは各国の指定相談窓口へご相談下さい。

×