现在位置 > 首页 > がん治療で考えすべき三大要素

がん治療において、よくある問題点:

がん治療において、よくある問題点の一つは、つまり標準治療の問題であります。例えば手術、抗がん剤治療、放射線治療の場合は、治療後の嘔吐、下痢、食欲不振、体力の減退、疼痛など様々な副作用がよく見られます。これらの副作用によって、患者さんの標準治療を受ける意欲を低下させしまうため、解決すべき問題とされています。

二つ目は、抗がん剤治療による薬剤耐性の問題です。この問題によって、多くの患者さんが抗がん剤治療後、ある一定期間を経つと薬剤耐性が生じてしまうため、治療の継続ができなくなり、がんの進行がコンロトールできなくなってしまいます。つまり、薬剤耐性はクリアすべき問題です。

三つ目は、がんの転移や、再発のリスクを避けるべきです。多くの患者さんは治療を終え、即ちに再発、転移の問題に直面しなけれ行けないこともよくあり、これらの問題の解決は難題とされています。

従って、上記の問題点が多くのがん病と闘ってきた体験者がよく直面する問題であります。そのため、西洋医学による標準治療のほか、アメリカNCCAMとFDAなどの組織、または世界各国の専門家は統合医学に統合療法を新たな見解を示しています。

統合医学による統合療法を選択する場合は、三つの条件を考えべきであります。まず、統合療法とは何か。それは、中医学と西洋医学の結合医療に、さらに代替療法などの治療法のメリットを取り入れた総合的な治療法です。なお、統合療法による治療の場合は、いくつかの原則があります。

その一つ目は、選択した統合療法は安全であることです。例えば漢方を統合療法の一環として利用する場合、まずは選択した漢方薬の生産、製造は安全でなければならないです。また、その漢方薬の毒理試験及び重金属の含有、残留農薬、生菌数の有無などの確認が必要であり、しかも、長期的な試験による実証データを有することが安全なおかつ信頼できる漢方薬と言えるでしょう。つまりこれが最も重要な条件であります。

二つ目は、統合医療による治療法を選択する場合、その有効性も留意すべきです。また、その有効性は個別な症例また体験談だけのものではなく、広範的、長期的に試験を経てその効果が立証されているものであります。

現段階において、がん治療は一、二ヶ月の短期間で終える治療ではありません。そのため、三つ目は統合医学による統合療法を受けると同時に、患者さんが長期に渡り続けられる治療法が望ましいです。

従って、統合医療によるがん治療の三つの選択条件は:安全性有効性と経済性であります

 

×