现在位置 > 首页 > 試験結果
研究結果まとめについては、抗がん漢方(天仙液)の世界総販売元の抗がん漢方(天仙液)研究報告書より抜粋したものであり、当協会が独断にて掲載したものではありません。
試験期間 : 2000年3月~2007年3月
研究結果まとめ :
1.抗がん漢方(天仙液)は免疫疾患のみならず、感染病にも双方向性の調整作用がある。
2.抗がん漢方(天仙液)は正常な細胞に影響を与えずに免疫細胞を活性化させることによって、がん細胞を殺傷する作用がある。
3.抗がん漢方(天仙液)は15種類のがん細胞でアポトーシスを誘導し、正常な細胞に影響を与えない作用がある。
4.抗がん漢方(天仙液)は有効的にがん細胞を抑制させ、T細胞を活性化させ、免疫向上機能を果す作用がある。
5.抗がん漢方(天仙液)は有効的にがん細胞の転移を抑制する作用がある。
6.抗がん漢方(天仙液)はがん細胞により生じた病理性血管新生を抑制させる作用がある。
7.抗がん漢方(天仙液)は各種のがん細胞の転移、侵入を抑制することができる。
8.抗がん漢方(天仙液)は血管内皮細胞の移動、侵入、新生血管及び腫瘍の成長を抑制することができる。
試験期間 : 2003年8月1日~2004年7月31日
研究結果まとめ :
9.抗がん漢方(天仙液)はがん患者の免疫機能を改善する作用がある。
試験期間 : 2006年1月1日~2007年6月30日
研究結果まとめ :
10.抗がん漢方(天仙液)は有効的に多くのがん細胞分子に即応した方法(アポトーシスを誘発する、遺伝子低メチル基化、細胞周期の調整、信号通路の切断、化学治療及び放射線治療の副作用減軽)で抑制させる作用がある。
試験期間 : 1984年~2004年
研究結果まとめ :
11.抗がん漢方(天仙液)は抗腫瘍作用があり、毒理・薬理試験等において安全性が立証された。
試験期間 : 2007年1月1日~2009年3月1日
研究結果まとめ :
12.抗がん漢方(天仙液)は分子医学エックス線を利用してがんを予防させ、治療効果を上げることができる。
試験期間 : 2007年1月1日~2009年3月1日
研究結果まとめ :
13.抗がん漢方(天仙液)は腫瘍成長の抑制、病理性新生血管の抑制や耐薬性の逆転等の効果があり、大腸がんに対する化学薬物になる潜在力がある。

天仙液におけるがん細胞の殺傷作用(※+記号は作用あり、+が多ければ多い方が作用が強い;-記号は作用なし)

Various Human  Cancer  Cells LINE  CODE APOPTOTIC  EFFECT NOTE
Lung  arge cell carcinoma cells NCI-H1299 +++ 肺がん細胞株
Gastric adenocarcinoma cells AGS +++ 胃がん細胞株
Hepatocellular carcinoma cells HuH-7 +++ 肝臓がん細胞株
Osteogenic sarcoma cells U-2OS +++ 骨肉腫細胞株
Cervical carcinoma cells C33A +++ 子宮頸がん細胞株
Nasopharyngeal carcinoma cells NPC-TW04 ++ 鼻腔がん細胞株
Hepatocellular carcinoma cells Hep-G2 ++ 肝臓がん細胞株
Acute T cell leukemia cells Jurkat ++ 急性T細胞白血病細胞株
B cell lymphoma cells BJAB ++ B細胞リンパがん細胞株
Histiocytic lymphoma cells U-937 ++ 貪食細胞リンパがん細胞株
Breast ductal carcinoma cells BT474 ++ 乳腺がん細胞株
Breast cancer cells MDA-MB-453 ++ 乳がん細胞株
Cervical adenocarcinoma cells HeLa ++ 子宮頚腺がん細胞株
Prostate carcinoma cells DU145 ++ 前立腺がん細胞株
Prostate adenocarcinoma cells PC-3 + 前立腺がん細胞株
Human umbilical vein Endothelial cells HUVEC -- 正常ヒト臍帯静脈内皮細胞
Peripheral Blood Mononuclear Cell PBMC -- 末梢血単核球

×