现在位置 > 首页 > 適応対象

1.生検組織検査結果を待つ患者さん
2.標準治療における治療効果を高めたい患者さん
3.標準治療による副作用を軽減したい患者さん
4.標準治療を受けられない、またはご高齢の患者さん
5.標準治療を受けたくない患者さん
6.標準治療後の再発を予防したい患者さん
7.がん家系の高リスク群の患者さん
8.自己免疫疾患を持つ患者さん
(例えばAIDS, RA, SLE, Enterovirus,H1N1,SARS,etc.)

给我留言

留言无头像?

×