現在のページ: 首页

複合抗がん漢方薬天仙液に関する臨床試験・研究報告

2009年09月08日 未分類, 臨床試験  ⁄ 合計 1227字
抗がん漢方薬天仙液は、誕生してから20年経ちました。現在では世界20ヵ国、延べ60万人以上のガン患者の方々が使用する「抗ガン漢方製剤」です。 天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司はこれまで、中国国内の医療機関や大学 病院でさまざまな実験や臨床試験を行ってきました。また近年、国立台湾大学医学院教授・ 免疫学博士の孫安迪(ソン・アンディ)率いる研究チームの協力により、天仙液の集大成とも言うべき臨床試験...
続きを読む

腫瘍ばかりみていたらがんには勝てない

2009年08月28日 天仙液製品について, 未分類  ⁄ 合計 697字
中国医学は、他の病気を治療しようとするのと同じように、がん患者を前にしても単に腫瘍だけに注目するのではなく、全身的な対応を考えるという特徴を持っています。 悪性腫瘍は全身性疾患の一つであり、病巣と身体は邪と免疫との対立関係にありながら同じ人間に発生した統一関係をもっていると考えるのです。 腫瘍の発生やがんの進行と、生体の抗がん能力とは互いに拮抗しています。すなわちシーソーゲームを繰り返します。ま...
続きを読む

ガンに対抗するために多面的に処方された天仙液

2009年08月07日 天仙液の成分と作用, 未分類  ⁄ 合計 469字
抗がん漢方薬天仙液の中の各種生薬の薬効は単純ではありません。下図表に示すように、各機能が吟味されたうえで統合されていることが分かります。 天仙液に配合された生薬中で主として抗腫瘍作用の領域に作用するのは、天花粉、威霊仙、龍葵です。 主として免疫増強作用の領域に働くのは猪苓、黄耆です。 抗腫瘍活性と免疫増強双方の領域に作用するのは、白花蛇舌草と青黛です。身体機能改善に作用するのは人参、氷片、動物性の...
続きを読む

天仙液、天仙系列製品の注意事項

2009年07月16日 天仙液、天仙系列製品のご利用, 未分類  ⁄ 合計 796字
一、天仙液の服用方法について 漢方は基本的に、空腹時で服用する方が薬の働きが判断しやすいようですが、漢方に慣れてない方または胃弱の方には食後をお勧めします。また、天仙液は海外では抗癌漢方薬と見なされているため、どうしても空腹時になる場合は、天仙液を飲む前に温かいお茶かクラッカー、お煎餅などを少し召し上がってから飲む事をお勧めします。 時間帯については、パフレットに書かれている9時、15時、21時、就寝...
続きを読む

抗がん漢方天仙液の誕生について

2009年07月03日 天仙液の成分と作用, 未分類  ⁄ 合計 994字
抗がん漢方薬天仙液の生みの親王振国先生は、共同開発者・天仙液の世界総販売元中日飛達聯合有限公司の協力の元で、1200種類あまりの生薬、処方のなかから、抗がん作用を持つ生薬をはじめ、四つの作用別に選別して、60種の生薬に絞りこみ、更にマウスを使った実験などで、60種からさらに生薬を厳選し、そして配合、処方の試験、実験を繰り返しました。 この試験、実験にはおよそ二年間を要しましたが、失敗と成功を繰り返しなが...
続きを読む

複数の食品を選択するか、天仙液を選択するか

2009年06月16日 天仙液、天仙系列製品のご利用, 天仙液の成分と作用, 未分類  ⁄ 合計 1122字
がんに対する免疫力を高めるとされる薬効食品などは、みなさんもご存じのようにすでに数多く市販され、中には信頼に足る医学的臨床治験を重ねている製品もあります。ここでは、それらの製品に対しての天仙液の優位性ということを考えておくことにしましょう。 抗がん薬効食品の多くは、単一またはごく少数の植物・キノコ類・海藻類・動物性素材などから抽出精製されたものです。 従って個々に期待し得る薬効は比較的限られてい...
続きを読む

腎臓がんの天仙液のご利用について

2009年06月08日 天仙液、天仙系列製品のご利用, 未分類  ⁄ 合計 1026字
本日、ある腎臓がんの方から、天仙液及び天仙系列製品のご利用に関するご質問を頂きました。私共にご協力を頂いていております天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司の医療顧問、中国珠海振国腫瘍病院の腫瘍内科医師でもあります孫苓獻医師に確認しましたところ、下記のような返答を頂きました。 今後天仙液、天仙系列製品ご利用を検討していらっしゃる方のご参考になれば幸いです。 質問1 腎臓がんによる天仙液、系列製...
続きを読む

不健康な健康でがんリスク3倍(厚生労働省)

2009年01月31日 未分類, 癌についての情報  ⁄ 合計 472字
ヘビースモーカーで大酒飲み、さらに肥満―。 こんな不健康な生活でがんなどの危険性がどれだけ高まるか厚生労働省研究班が試算したところ、がんで2.4~3倍、脳卒中や心筋梗塞などの循環器系疾患で4倍以上との結果が出た。米予防医学雑誌の電子版に発表した。喫煙や飲酒とガンなどそれぞれの関連性は知られているが、今回初めて組み合わせて分析した。 研究班は平成2~5年、全国の男性約4万5000人の生活習慣を調査。15年末までに...
続きを読む

天仙液の抗腫瘍作用に関するマウス試験

1970年01月01日 未分類, 臨床試験  ⁄ 合計 353字
抗腫瘍作用に関するマウス試験9週齢のマウスに腫瘍株細胞(乳腺がん Adeno-carcinoma 755)を移植し、移植翌日より、天仙液強効型を1日1回14日間反復で経口投与しました。最終投与日翌日、腫瘍を摘出し、その重量を測定しました。 試験の結果、0.1及び0.2cc/day/匹/天仙液強効型投与群と天仙液強効型未投与群(注射用水投与)とを比較して統計学的に有意な抑制が認められました。0.2cc/day/匹では平均抑制率84.0%を示し、天...
続きを読む
×